釜鶴ひもの店のアンチョビで作ったキャベツとアンチョビのパスタ

釜鶴ひもの店のアンチョビで作ったキャベツとアンチョビのパスタ [レシピ]パスタ

春キャベツとアンチョビのパスタ は、前にやりました。

んが、あれはキャベツを食べる!という前提のパスタであって、
全体的に「んまい♪」という感じだと、もうちょいと手を加えるので、
あえて再度、同じ題材で。

ただし、釜鶴のアンチョビを使うのがちょっとポイントかもしれません。
この味は、釜鶴でないと出ない!という感じもしますから。

■材料
・スパゲッティー(食べたいだけ)
・キャベツ(食べたいだけ)
・アンチョビ(使いたいだけ)
・ニンニク(使いたいだけ)
・鷹の爪(辛くしたいだけ)
・炒め油(今回は、オリーブオイルを使った。)
・ハーブミックスソルト(味調整用)
・黒胡椒(使いたいだけ)

■作り方
1.キャベツは、適当にちぎっておく。ニンニクは粗微塵にしておく。鷹の爪は種をとっておく。

2.オリーブオイルにニンニクと鷹の爪とアンチョビを入れて、弱火で火を通していく。アンチョビをゆっくり煮るような感じで。

3.ニンニクがちょっと柔らかくなった時点で強火にしてキャベツを炒める。

4.パスタのゆで汁を加えて乳化させる時に中火に落とす。塩加減もこの時点で調整。ハーブミックスソルトを振り入れる。

5.茹でたパスタを投入し、汁をパスタに吸わせるようにしながら煽り、盛りつけて完成。黒胡椒を好きなだけかけてもいい。

基本的には、塩辛くならないように作る事が肝要。
キャベツ・アンチョビ・パスタのバランス感を損なわないように注意しつつ、
豪快にざざっと作ってみよう。

熱海釜鶴ひもの店/アンチョビ
パスタやピザなど、イタリア料理には欠かせないアンチョビ。 熱海で獲れた新鮮な片口イワシと、天日塩、有機オリーブオイルだけで、 無添加・自家製のフレッシュなアンチョビに仕上げました。 少量でご家庭でも使いやすく、ケース入りでギフトにも最適です。【全国推奨観光土産品 特別審査優秀賞受賞】【熱海ブランド認定】

コメント

タイトルとURLをコピーしました