四ツ谷・四谷見附名代 たいやき わかば、たい焼き

四谷見附名代 たいやき わかば [レストラン訪問]甘いもん

東京たいやき御三家の一角、四谷のわかば。
(あと2つは、麻布十番 浪花家総本店と人形町 柳家と言われています)
わかばといえば、2019年にNHKで放送された、
ドキュメント72時間 「冬の東京 あのたい焼きをもう一度」

ドキュメント72時間 「冬の東京 あのたい焼きをもう一度」 -NHKオンデマンド
駅前の再開発が進む東京・四谷。通りを入った路地に、創業60年の小さな「たい焼き屋」がある。連日数十人が列を作り、寒くなればなるほどその列は長くなるという。味は「粒あん」のみ。創業以来使い続けている鋳型で焼くたい焼きは、1個150円、1日2500個を売り上げる。平成の終わり、日々変貌する東京の片隅で、スタイルを変えず営業...

こちらも合わせてご覧いただきたいところです。
あんこもちゃんと手作りで、1匹づつ丁寧に焼いていて、並んでいる時にこの香ばしい焼きの香りが伝わって来るのがもうたまらんわけです。

もう焼きたてをすぐにでも頬張りたいと、お土産用とは別に1つ包んでもらって、早速食べるわけですが、頭の先から尻尾までしっかりあんこが入っているところが嬉しいのと、さくさくと食べられる素敵食感の薄い皮。
特に、あんこがまた美味い。だらだら甘いそういう感じじゃなく、若干の塩味の利いた程よい甘さ。なんだろうなぁ、神宮前の瑞穂の豆大福のあんこにちょっと似たような方向性かなぁともふと思った野田が、それよりも甘さがちゃんと引き立つ構造になってるような感覚があって、美味い。それこそ、渋い緑茶が欲しいか欲しくないかの瀬戸際な感じ。渋くない淡い旨味の緑茶でもあう位の品のいい甘さのあんこだ。これは、2個3個平気でバクバクいけてしまう。

そうだ、これだよ、これがたいやきだよ!嬉しい美味さだ。
もっと食べたい。

たいやき わかばたい焼き・大判焼き / 四ツ谷駅四谷三丁目駅曙橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9

タイトルとURLをコピーしました