角瓶<黒43度>で作る、究極のハイボール

[レシピ]酒

ウイスキーがお好きでしょ♪
サントリーの角って、あまりにも有名。

山崎のパンチョン樽の原酒やヘビータイプのグレーンを使って
通常の角よりもパンチのある濃い味わいが楽しめる
角瓶<黒43度>
角といったら、ハイボールだよね、やっぱり。

ハイボールっつったらさ、
いい女がさっと作ってさ、「おつかれさま♪」って出してくれるような。
そんな感じってのもいいけどさ・・・
銀座とかの一流のバーテンダーが供するような
究極的なハイボール、作ってみてもいいかなって思う。

ポイントは・・・

・氷は使わない
・ウイスキーとグラスは冷凍庫で、ソーダは冷蔵庫でしっかり冷やす。
・ステアしない

っていう事。素材も大事だけど、腕も必要かだと思う。
作り方1つで凡庸なソーダ割りになるか、究極に旨いハイボールになるから。

■材料
・角瓶<黒43度>※冷凍庫でしっかり冷やしておく事
・ソーダ(サントリーソーダとか山崎のソーダとかがおすすめ)※しっかり冷やしておく事
・グラス(清潔なグラス、冷凍庫でしっかり冷やしておく事)

■作り方
1.ウイスキーとソーダの比率は、だいたい1:3くらい。しっかり冷えたグラスにウイスキーとソーダを同時に注いでその時点で混ぜてしまう。それで、出来上がり。

※分量に自信がなければ、メジャーカップとかで測って作ろう。

だいたい目安としては、総量180mlくらいかなぁ。

氷を入れないハイボール、ちょっと試してみませんか?

ま、とにかく・・・日本のウイスキーと、全ての働く人々と俺に乾杯。

サントリー ウイスキー 角瓶 [日本 700ml ]
■国内NO.1ウイスキーのサントリー「角瓶」とは 「日本人の舌に合う日本のウイスキーをつくりたい」。 1937年、壽屋(現サントリー)創業者の鳥井信治郎が十数年かけて完成させたウイスキーが「角瓶」です。 その繊細な味わいは日本人の味覚を満足させ、当時の人々の心を豊かにしました。その後70年以上にわたって日本の食卓で愛さ...
タイトルとURLをコピーしました