野郎飯流・鍋炊きご飯の塩むすびと、塩ごま油むすび

[レシピ]ごはんもの

このご時世で、僕にも「祈るおむすびバトン」ってのがまわってきました。先行してやっている有名人とか料理系の方とは違って、僕なんてまぁ地味なもんですので、せっかくなので、ガスで鍋炊きする美味い白飯で塩むすびと、ごま油と塩でアホほど旨くなるおむすびにしようと思いました。

ちなみに、今回が「あきたこまち」の白米:玄米=7:3で混ぜてます。玄米のぷっちぷちが食感楽しくていいよね。

■材料
・米(食べたいだけ、今回は白米と玄米を用意)
・塩(適量)
・ごま油(適量)
・いりごま(適量)
・海苔(好きなだけ)

今回、僕が使った調味料。
まず塩は、

土佐のあさいち便オンラインショップ
土佐のあさいち便オンラインショップ│北川村ゆず王国やちりめんなど地元高知の人気者を集めた高知特産通販サイト

海苔は

創業 明治37年 最高級海苔店 山善糟谷海苔店
高級海苔専売店。明治37年(1904年)、&#2080...

これを使ってます。特に気に入っている2つです。

■作り方
1.米を研いで水にしばらく浸ける。水加減は、だいたい米の高さより手の爪の長さくらいまで水を入れとけばいい。あとは感覚。やってりゃだいたいわかってくる。

2.点火。沸くまでは最大火力。湧いたら弱火にする。弱火にしてからだいたい10分も経てば炊ける。

3.火を止めるタイミングは香りで決めます。甘い香りの状態で火を止めれば、きれいな銀シャリができますが、今回はうっすら香ばしい香りが混じってきたタイミングで火を止めます。そして15分ほど蒸らします。

4.米が炊けます。

ガス火で炊くと、こうちゃんとカニ穴というのができます。しっかり米も立ってます。

うっすら香ばしい香りがたつまで待っていた理由はこれ。おこげが作り方ったのです。おこげをつくるつくらないは、お好みで。

5.米を握ります。手を氷水で冷やしておいて、水分をふき、塩をひとつまみ手のひらにおいて、炊けた米を三角に握ります。だいたい5かいくらいで握れるかと思います。

6.海苔ををあぶってからおむすびに巻きます。

塩むすびは、これで完成。

7.握ったおむすびに、いりごまとごま油と少しの塩を混ぜたものを表面にからませてから海苔をまいて、塩ごま油むすびの完成。

シンプルにも程があるとは思うけど、こういうもんは、きっちりシンプルに丁寧にやったら、やっただけ美味いと思うんだ。

ちなみに、今回添えた大根の粕漬けは、我が故郷の大根漬けですが、こちらはまたの機会に。

秋田県湯沢市産 小野小町の郷 特別栽培米 あきたこまち 令和3年産 つきたて白米 5kg
堆肥等の有機質肥料による土づくりが行われている「ほ場」において、化学合成された農薬・肥料を県内の平均的な栽培方法の半分以下に抑えて作られた「人」「環境」にやさしい農産物です。 遠田米穀店の特別栽培米は、単一生産者、単一原料はもちろん、特定のほ場で栽培されており、シングルオリジンの中でも、シングルエステートの範囲になりま...
タイトルとURLをコピーしました