どうして微アルコールというジャンルができた?アサヒビールのビアリー

ビアリー

「スマートドリンキング」という考えの下にアルコール分0.5%という「微アル」カテゴリーを新たに創出。その第一弾の商品として「BEERY」が誕生しました・・・という話で2021年3月30日に出た微アルコールのビール、ビアリーってのができたってので、飲んで見ました。

サクッと結論づけると、さらっと飲めるビールです。それ以上でもそれ以下でもないなぁっていう感じ。清涼飲料水よろしくごくごくいけるって感じだなぁっていうそんな感じ。でも、ノンアルコールじゃないよっていうのがなんだろうどうなんだろうっていう感じだなぁ。

でも、これ、コロナ禍だからこそ生まれたんだろうなぁ。
テレワーク時にごくごく行っちゃおう的な?
そんな感じだなぁって思います。

【アルコール0.5%】アサヒビアリー [ 350ml×24本 ]
ビールのような本格的なおいしさを、シーンやペースに合わせて自由に楽しめる、アルコール分0.5%の微アルコール(ビールテイスト飲料)です。ビールを醸造してから、アルコール分のみをできるだけ取り除く製法によって、100%ビール由来原料ならではの麦のうまみとコクを実現しました。麦のうまみとコクがもたらす心地いい気分や上質なリ...
タイトルとURLをコピーしました