玉ねぎドレッシングで作るミニトマトと白インゲン豆のサラダ

玉ねぎドレッシングで作るミニトマトと白インゲン豆のサラダ [レシピ]サラダ

三軒茶屋に、ブリッカという素敵イタリアンの店があります。

ワインだけでなく日本酒にも合うし、本当に自然体でさりげなく優しくて美味い飯を食べさせてくれるお店があるのだけど、この程、レシピ本が出たわけです。

うち飲みワインのおいしいつまみ: プロの味を手軽におうちで楽しむカジュアルレシピ
家飲みがすっかり定着したこの頃。家でワインを楽しみたい人も増えています。ワインを飲むならば、いつもよりちょっとシャレてるのに簡単でおいしいおつまみを作りたい。そんな人も多いよう。そこで、人気のナチュラルワインにも造詣の深い三軒茶屋のイタリアン『Bricca(ブリッカ)』の金田真芳シェフに、お店の味を手軽に家でも味わえる...

この本をもとにいろいろと作ってみたわけですが、まぁ美味い。
特に、この玉ねぎドレッシングの汎用性はすごいなぁと思いました。俺、この発想なかったもん。

そんなわけで、ブリッカ金田シェフのレシピをもとにここから数品作っていきますが、そこは野郎飯。概ね本には従ってますが、所々に俺が見え隠れします。でも、適当に作っても必ず美味しくなるなぁとやってみて思いました。正しくは、シェフの本通りやってくれたらいいと思います。んで、三軒茶屋のブリッカでシェフの料理を味わってもらったらいいと思います。

■材料
<玉ねぎドレッシング>
・玉ねぎ(仕込みたいだけ)
・ドライオレガノ(玉ねぎ1に対して小さじ2)
・塩(玉ねぎ1に対して小さじ1)
・白ワインビネガー(適量)
・EXVオリーブオイル(白ワインビネガーと同量)
<ミニトマトと白インゲン豆のサラダ>
・ミニトマト(食べたいだけ)
・白インゲン豆(食べたいだけ)
・塩(味調整に少し)
・イタリアンパセリ(適量)
・赤ワインビネガー(適量)
・EXVオリーブオイル(適量)

■作り方
<玉ねぎドレッシング>
1.玉ねぎをみじん切りにしたのち、他の材料を全部入れて混ぜたのち、容器に密閉して冷蔵庫保管。
(1週間くらいは持ちます)
※ちなみに、このレシピ、フレッシュなオレガノでもやってみました。風味が全然違いますが、これはまぁ好きずき。ドライだと全体のまとまり感がいいし、フレッシュだとやっぱり香りがよく立つ。

<ミニトマトと白インゲン豆のサラダ>
1.水に半日漬けておいた白いんげん豆を茹でる。茹でた後は湯を切っておく。

2.ミニトマトを半分に切り、塩を振って混ぜたあと1を加えて、赤ワインビネガーとEXVオリーブオイルを混ぜ、盛り付けたらイタリアンパセリをあしらって完成。

ここで作った玉ねぎドレッシング、この後もバンバン使っていきます。

タイトルとURLをコピーしました