水菜とアルファルファで食べる生カツオ塩たたき

水菜とアルファルファで食べる生カツオ塩たたき [レシピ]前菜

秋のトロッとした生カツオに塩をあて、水菜とアルファルファと塩を混ぜたものに熱々の油をかけたものをのっけて食べるスタイルの、ちょっと変わった一皿です。

■材料
・生かつお(食べたいだけ)
・水菜(食べたいだけ)
・アルファルファかスーパースプラウト(食べたいだけ)
・塩(適量)
・太白ごま油(適量)

■作り方
1.生かつおを切って皿に盛り、塩を振って寝かす。

2.水菜とアルファルファを適当に切って混ぜてボウルに入れ、塩を軽く馴染ませたら、熱々にした太白ごま油をかける。

3.1に2を盛り付けて完成。

いろいと、食べ方を変えるのも面白いと思います。

九鬼 太白純正胡麻油 600g
特に厳選した良質の胡麻を煎らずに低温圧搾法で絞った胡麻油です。色や香りはありませんが胡麻の旨味を生かしています。天ぷら、揚げ物、ドレッシング、和え物、きんぴらごぼうや、ケーキ等の油脂としても使用いただけます。マリネ・ドレッシングなどオリーブオイルのような使用が出来る胡麻油です。 使いやすいペットボトルタイプです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました