野郎飯流・骨つき豚ロースのシンプルなソテー

野郎飯流・骨つき豚ロースのシンプルなソテー [レシピ]焼き物

塩こしょうをして、単純に分厚い豚肉を焼いただけ!
ただそれだけです。よって、焼き方のセンスが問われる、単純だけど奥深い料理。
早速作っていきましょう。

■材料
・豚骨つきロース肉(食べたいだけ)
・ソーセージ(食べたいだけ)
・クレソン(食べたいだけ)
・マスタード(適量)
・塩(適量)
・黒胡椒(適量)
・ニンニク(適量)
・ローズマリー(適量)
・オリーブオイル(適量)


■作り方
1.豚肉を常温状態にしてから、軽く塩と黒胡椒をふっておく。


2.フライパンに潰したニンニクとローズマリーとオリーブオイルを加えて、弱中火で加熱し、香りが出てきたら弱火にして、肉を投入。ゆっくりじっくり火を通す。

3.頃合いをみて肉をひっくり返して、さらに焼く。ソーセージも追加。


4.仕上げに強火で表面を焼いて焦げをつくり、皿に盛り付けて、クレソンとマスタードをあしらって完成。

肉っていいね。

熟成豚ロース骨付き約250g domestic nasu matured pork chop
商品説明当店の熟成豚はただの豚ではありません。業務用食肉卸店として数々の一流ホテル、一流レストランに卸すことのできる当店だからできる商品です。 ホテルやレストランに納める商品とスーパーさんで売っている商品とでは根本的な違いがあります。 熟成肉ってご存知ですか? 通常、スーパーさん等では、肉の色を鮮やかに出さなくてはなら...

コメント

タイトルとURLをコピーしました