ふつうのカキフライ

ふつうのカキフライ [レシピ]揚げ物

大きなむき身のカキを手に入れて、
薄力粉・卵・パン粉につけてサラダ油で揚げる。
タルタルソースと国産のレモンを添える。
ふつうの作り方の、ふつうのカキフライです。

■材料
・かき(食べたいだけ)
・薄力粉(適量)
・卵(適量)
・パン粉(適量)
・サラダ油(適量)
・タルタルソース(自作でも市販でも好きに。適量)
・レモン(適量)

■作り方
1.余分な水分を拭き取ったかき剥き身に、薄力粉・溶き卵・パン粉をつけて、サラダ油で揚げる。

2.薄い狐色くらいになったら油から引き上げ、余熱で中まで火を通す。

3.タルタルソースとレモンと共に盛り付けて完成。

ふつうのカキフライが美味しく揚げられれば、それだけでヘブン。

揚げるイメージとしては、衣の方を先にカリッと揚げておいて、かき中身は余熱でじわ〜っと火入れしてギリッギリを攻めていくそんな感じです。

港ダイニングしおそう 広島県産 牡蠣 剥き身 2Lサイズ 1kg(解凍後850g/大粒2L約26-35粒)
大粒2Lサイズの広島産「剥き牡蠣」になります。 身はプリプリで深い味わいが楽しめます。 殻を剥いてあり1個づつ凍結されているので必要な分量づつ調理が可能になっています。 牡蠣フライ、牡蠣バター焼き、牡蠣鍋、牡蠣ご飯など色々なお料理にお使いください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました