青森大間の本マグロ血合を使ったユッケ風

青森大間の本マグロ血合を使ったユッケ風 [レシピ]おつまみ

ちょっと気の利いた高品質な食材を売ってるスーパーとかだと、コロナ禍かなんだかで、本当によい食材が入ってくる。大間の本マグロとかも普通に入ってくるようになっている。いいのか悪いのかはさておいて、食事が捗ります。
そういう時に、またびっくりするような食材も出てきます。血合い。

新鮮なものはさほど臭みもないので、このまま食べてもいいっちゃあいいですが、やっぱりそれでも奥底からほんの少し臭さや癖がぬもっと顔を出します。新鮮でなければごりっごりに下処理しますが、新鮮なものが入った時は、さほど気合入れた下拵えをしなくても美味しくいただけます。

まずは、下処理したものをユッケ風に食べていきます。

■材料
・マグロ血合い(食べたいだけ)
・日本酒(適量)
・つゆの素(適量)
・コチュジャン(適量)
・食べるラー油(適量)
・きゅうり(適量)

■作り方
1.マグロ血合いを日本酒とつゆの素を1:1で合わせたもので半日漬け込む。マグロ血合いの臭みが結構きついものだった場合は生姜とねぎの青い部分も一緒に入れる。

2.漬け込んだマグロ血合いを取り出し、食べやすい大きさにカット。きゅうりを細切りにしたものを用意。ボウルに全部入れ、コチュジャンと食べるラー油で和えて盛り付けて完成。

欲しかったら、卵黄を落としてもいいです。

大間のマグロなんてまぁ高価っちゃあ高価ですが、血合いだと一気に価格が庶民レベル以下まで落ちるけど、見つけたらラッキーモノの食材だなぁって思います。いや、本当に。

まぐろ 大間産 本マグロ[中トロ]200g×2柵 大間まぐろ 黒まぐろ 生まぐろ 刺身用 大間港直送 青森県産
貴重な大間の本まぐろ 大間漁港から直送でお届けいたします。 本マグロの一本釣りとしても世界的に有名な「大間のまぐろ」 大間ではマグロ漁の期間は決められておらず、漁師は魚が来たら船を出す。 日本海と太平洋が交わる日本でも珍しい環境にある津軽海峡は、北上してきたマグロがたっぷり脂を蓄える絶好の漁場である。 大きいもので10...

コメント

タイトルとURLをコピーしました